北山紫仙の落し物。

Illustrator 北山紫仙のブログです。

東京4日目。
あたしにとっては魔の19日とも思える日になってしまった日でした。
17日に電話した出版社で、唯一アポの取れた1件に行く日でした。
予約を入れていた時間に合わせてKちゃんちを出て、出版社へ。
トコロが、今回、妙な緊張の仕方をしていました。
受付から別室に案内され、担当の方が来るのを待っているホンの数分。その数分から、既に辛かった。
ナゼか泣きたくなるホドの緊張をしていたのです。
そして、担当の方が来て話し始めたのですが・・・緊張の為か、頭の中が真っ白。何も思い出せない何も答えられない。
きっと、担当の方も苛立ったと思います。
後半では、反論したくなるようなコトを言われても、前半での自分の状態がわかっている為、全く反論も出来る状態ではないし、仮に反論したとしても、きっとそれは言い訳としか取られないだろう。
ただ追い詰められるダケの1時間を過ごしました。
追い詰められたと言っても、これはその担当の方が悪いと言っているのではありません。
自分で自分を追い詰めたようなモノだと、あたしは思ってます。
この後のコトは、帰って来てからの26日に軽く書いてるので、ここでは書きません。
その時のあたしは随分と自虐的なコトばかり考えてしまっていたし、そんなの読んだって誰も楽しくないと思うので。
この日、持込の後にフェーマスOBのTさんと友人Yくんとお食事とゆー名の呑みの予定が入ってたのですが、もー行きたくなくて・・・。
秋田に泣き帰りたい思いでした。
でも、Tさんがお店を予約してくれているコトを知ってる。Yくんも楽しみにしてるのを知ってる。
自分が凹んだからと言って、今更行かないとは言えない。
正直、誰にも会いたくないキモチだったのだケド、とにかく待ち合わせ場所の新宿アルタ前へ。
そこで、先に来ていたYくんと前日振りに会う。
もー会ったら泣きたくなっちゃって。
きっと隠して暗い顔をしてしまうより話しちゃったほーが良いんだと思い、思い切って話した所為か、なんだかちょっとすっきりした気分。話しながら、少しずつキモチの整理が出来ていった。
そこへ、Tさんから連絡が入り、Tさんと合流。
1度話しちゃったら隠すのもバカらしくなっちゃって、『出版社に持ち込み行ったらボロクソ言われてトイレに30分篭って泣いて来ましたー!!』なんてとっとと言っちゃったり。
普段、弱いトコロを人前では出さないあたしだから、Tさん驚いてたよ(^^;
そして、Tさんに連れて行ってもらったお店は、歌舞伎町にあるお茶漬けバー!
お茶漬けでBARとゆーダケでも『面白そう!!』と思ったのに、店内への入口が茶室の出入り口みたいで、隠れ家ちっく!!
食べ物も美味しいしお酒も美味しい!!
ちょっと自棄酒入っちゃったのかな? なんかいつもよりテンション高くて、今までのTさんとの呑みの時よりも呑んじゃってたよ(^^;
で、Yくんは家がちょっと遠いので、早めにバイバイ。
そして残されたTさんとあたし・・・オヤジと化すっ!!(笑)
0時頃になって、気分良く店を後にしました。
きっと、この呑みがあったから、いつもより立ち直りが早かったんだろーなぁと思う。
面と向かっては照れ臭いからここで・・・TさんYくん。ありがとう(*^-^*)