北山紫仙の落し物。

Illustrator 北山紫仙のブログです。

未だにちょっくらバタついてる北山です。こんばんわっ。
まぁ、バタついてるとか言いながら、昨夜洗濯したのをすっかり忘れてて、さっき干したばかりとゆー体たらくですがね(^^;
バタついてると言っても、今回の上京とゆーか、友人の結婚式では、ホントに人との繋がりや縁って財産だなーと心底思ったのですよ。
で、あたしはその縁を大事にしているかしら? と。
今まで、ものすごーく失礼しまくってた気がするのですよ。
これからも仲良くお付き合いしていきたい!! と思う人がたくさんいます。
友人の式で知り合って、仲良くなりたい! と思った人がたくさんいました。
お話出来なかった人が多くて、数人に名刺を渡すコトは出来たケド、先方の連絡先を知らないままとゆー場合は、先方が連絡をくれるのをドキドキしながら待つしかないケド、こっちからコンタクトを取ろうとしたら取れる人には積極的にいかないとダメなんだ。繋がりができるのを待ってちゃダメなんだと、とにかく必死。
人と繋がっていたいなら、自分からもちゃんとアクション起こさなきゃ!!
帰って来てからの荷物の片付け、バタバタしたまま出かけちゃって散らかり放題の部屋の片付け、絵を描くコト、持込出来なかった出版社さんへ送るファイルの準備。そのファイルの中身も、送る前にもう少し充実させたい。
そんなカンジで、ただでさえメールを打つのは遅いあたしだから、1度に送れないのだケド、とにかくやれるコトはやりたいと、思うのです。
それは、人との繋がりダケではなく、絵に関しても。
今回の持込は、1社しかアポ取れなくてそれ以外のトコロには持って行けなかったのだケド、もーその1社にけちょんけちょんのボロクソ言われて。
なんかもう、全てを否定された感があって、トイレに30分ホド篭って泣きました。
自分の今まで描いたモノを破り捨てたくなって、絵もやめたほーが良いのかとまで思いました。
でも、否定されたのが悲しいのではなくて、悔しかったんです。
今回、自分は準備万端で持ち込みに行ったか? と問われれば、きっともっとイロイロ出来たハズだとゆー思いがあった。
だから、悔しい。
その出版社の担当の人が酷いんだ! と、責任転嫁するのは簡単だケド、それじゃ成長はないままだし、あたしのこの先はない。
それなら、後悔しないように、精一杯やれることはやらないと。
言うダケではなく、行動に起こすんだ。
だから、まずは1歩。前に進む努力をする。


なんか、すごーく決意表明みたいになっちゃったケド、今は、そーゆー気持ちなのです。
うん。頑張る。