北山紫仙の落し物。

Illustrator 北山紫仙のブログです。

この日の午前中の便にて上京する予定だったんだケド、家を出た時点で外気温は−4℃で・・・まぁ、予想通りとゆーかなんとゆーか、遅い車が何台かいたワケですよ。
おかげで『コレ・・・マジで乗り遅れるんちゃうか・・・っ!?』とゆーぐらいに事態は切迫していきまして・・・えぇ。
なんとか空港に辿り着き、既にSKIPサービスは使えない時間だったので、まっすぐ搭乗手続き窓口へ向い『搭乗手続き出来ますか!?』と。
すると、10分遅れになってたらしく、OK!
やったらっきーっ!! と、さぁANAカードを出そうとバッグを開けると・・・サイフがない・・・っ!!
キレイすっぱり家に忘れて来たコトが発覚。
家に取りに戻ってもヒコーキには間に合わない。
途中まで持って来てもらったとしてもやっぱり間に合わない。
ってか、確かにチケットはもう購入済みだし、このまま搭乗手続きをすりゃ上京は出来る。
出来るケド! 金もカードもないから羽田から一歩も動けないよ?ってな状況だ。
そこでもーすっぱり諦めて、ソッコー『・・・午後の便に変更出来ますか?』と。
すると、通常だと通常料金を支払うコトになるのだケド、乗り遅れたに近い状況だった為、不足分を払うコトもなく、無事に変更出来たので、午後の便で状況するコトに。
いやもー。そのまままた家に戻る道程は大変虚しゅうございました・・・。
途中でノド乾いてコンビニに寄ろうと思っても『だから! あたしサイフないんだってばっ!!』ってカンジでコンビニにも寄れず・・・(T_T)
まさしく予定総崩れだ。
とりあえず、空港ですぐにそのコトを泊めてもらう予定のイトコんちに電話し伝え謝り。帰って来てからネタとしてmixiに書き込み、友達に電話して笑いを取ったりしとりましたよ(^▽^;
そして夕方。今度こそサイフをちゃんとバッグに入れ、空港に余裕をめちゃくちゃ持って向かい、無事に17:55初のヒコーキに搭乗。
羽田に着いたのは19:15。
到着口を出てすぐに搭乗口の階に行き、イトコへのお土産のプリンを購入して、今度は地下の京急の改札口へ。
そんで京急蒲田で乗り換えたまでは良いが・・・京急蒲田→京急川崎間・・・始めて帰宅ラッシュのぎゅうぎゅう詰の満員電車を経験致しました・・・。
あれ、ホントに動けないのな! しかも、あたしの後ろにいた女の人がすんごい押して来るし! おかげで電車が揺れたりすると、どーしてもナナメ前にいるオトコの人に倒れ込むカタチになるのだケド、あたし別にアンタの胸に飛び込みたくないの――――――――っ!!・・・みたいな。
荷物もあるから、更に身動き取れないしね(-_-;
川崎からは少し楽になって助かったよー。
あれは一駅分で充分だー(^^;
もー二度とこの時間のヒコーキに乗るものかっ!!と思いましたわ(^^;
そして横浜で1度降り、横浜からイトコんちの最寄駅までの切符を購入し、駅構内のド○ールで友達と会い、30分くらいだケド少しゴハンを食べお茶しながらおしゃべり。
今回、会えないかもと思ってた友達の1人だったから、少しでも会えて嬉しかったーv
その点では、ちょっと夕方の便に変更になったコトに感謝。だって午前の便で行ってたら会えなかったんだもん。
そろそろ行こうかと席を立とうとしたトコロで、叔父さん(今回世話になったイトコのお父さんですな)から電話が入っていたコトに気付き、友達がトイレに行ってる間に電話。
心配してくれてたみたい。こーやって電話もらって『何かあったら絶対力になるから』って言ってもらえるのって有難いね。嬉しいね。
そして友達と別れ、東海道線でイトコんち最寄駅へ。
バスに乗って近くまで行き、以前イトコ達が住んでたアパートまで行ったトコロでイトコに電話。
で、道案内してくれるんだケド・・・イトコが言ってる場所に道がない。
『ないよ?』『ないよ?』と言いながら、アパート前をしばらくウロウロ・・・これ、立派な不審者だよね?(笑)
結局、イトコがそのアパート前に来てくれるコトになったんだケド・・・をい。今オマエ電話で言ってたのと全然違うトコから出て来たな?(笑)
それでも、無事にイトコんちに到着。
着いた時間が、もー21時頃だったから、お子さん達は寝ちゃってるかなと思ったんだケド・・・起きてた!
久々に会う上の子Hちゃんは、大きくなってたコトも関係あるのかないのか・・・パワーアップしてました(^^;
んー。オバちゃん体力ないのよー?(^▽^;
でも可愛いし楽しいんだケドねー。コドモ好きだしv っつーか、同レベルですから。アタクシ(笑)
そして昨年生まれた下の子Rくんは・・・しばらく人の顔ガン見したと思ったらガン泣き。しっかり人見知りされちゃった(^^;
でもねぇ、泣くなら見なきゃ良いのにってくらいガン見してはガン泣きを繰り返すのよー。
知らない人がいるから気になるんだろーケドねぇ。
イトコは『失礼な人見知りの仕方だよねー(^^;』と言ってましたが。まぁ、気にしてないからダイジョウブ! コドモは泣くモンですわ^^
とりあえずお土産のプリンをイトコとHちゃんとあたしの3人で食べ、部屋に荷物を置き、イトコが子供たちを寝かせつけた後まったりとおしゃべりしながらダンナさんを待ったワケだが・・・ダンナ帰って来な――――――――――い。
日付は翌日になってしばらく後、ベランダで一服させてもらってると、めっちゃよったくったよったくったとふーらふらして歩いてくる人影発見。
近付いてくるにつれて・・・『アレ、ダンナじゃね?』と思い、こちらの存在を気付かれてないのを良いコトにベランダから下を覗き込んで見ていると・・・うん。入った(笑)
どーやら、もー既にあたしは寝てるだろうと思い、1人で駅前で飲んで来たらしい。
もー寝てるワケないじゃないかっ!! 今度は飲もう〜〜vv
そしてダンナさんはけっこー酔ってたコトもあって、お先に就寝。
あたし等はとゆーと・・・明け方3:30頃までずーっとお喋りしてました(^^;
なんとなく切り上げるに切り上げられなくて〜〜。
ウチに来た時とか、ウチの母とイトコの母が夜遅くまで2人で話していた気持ちとゆーか、そゆのがなんとなくわかるねと笑い合いましたよ。


そんなカンジで、上京1日目は終了。