北山紫仙の落し物。

Illustrator 北山紫仙のブログです。

冷え込みがよーやく緩んだと思ったら、また寒気がやって来やがりましたねぇ。でも、そんなの関係なく。〆切間近で『気に食わん!!』とB2サイズを1からやり直しやがって追い込まれてるにも関わらず、こーしてブログ更新しちゃう北山です。こんぬつわ。
ハイ。こーゆーのを阿呆と呼びます。いい見本ですねw
えー・・・先日。夜中に部屋で号泣かましますた。
ホントに何年振りってくらい久々に泣いた(←泣くの大嫌いw)上に、涙止まらず1時間くらい泣き続けたので、翌日には目が腫れてるくらいでしたよw
号泣した理由。別になんか悲しかったからとか、お涙頂戴な何かを見たとかではなく。感動・・・感激かな? 嬉しくて嬉しくて泣きました。
この年で号泣するなんて思ってもみなかったコトでしたし、こーゆーコトで、こんなに泣けるんだって思いながら号泣したんですが・・・あ。涙止まったトコロで、口元を覆ってた手を見たら、鼻水と涙でデロッデロでしたw あ、そゆ情報はいらない? 失礼しますたww
さて泣いた理由。
前回お知らせしましたGianinniとのコトが、実はまだ続いてました。メールの返事は予想通りなかったんですが、数日経って落ち着いてきたら『また描こうかな♪』と思ったので、ネットの海を画像を探してウロウロしてたんです。
そして、Gianinni本人がFacebookをやってるのを見つけたんですね。
『本人がやってるFacebookなら、画像けっこーあるんじゃないか?』と思って、彼のFacebookを開いて見たワケですよ。
そしたら、そこにもあたしの描いたイラストが掲載されていたんですが・・・そのイラストに添えられていたGianinniのコメントを見て、『ありがとう』という思いが溢れ出しまして。
『Feeling very honored!
Japanese illustrator "Shisen Kitayama" felt inspired to draw an illustration of me! And what a great job this artist did! I'm feeling so grateful that I can inspire people World Wide and not only dancers. Gotta stay focused to keep inspiring. Thank you Shisen Kitayama!』
これが、添えられていたコメント全文です。
本当に英語ほとんどわからないので、きっと正しく意味はわかっていないと思います。それでも、『認められたんだ』って思ったら、すごく嬉しくて泣きそうになったんですね。
更に、あたしのイラストを見た、ドコの国のヒトかもわからない人達が書き込んでいたコメントも、とても好意的なモノで・・・うん。賛辞と言ってもいいくらいのモノかもしれない。その中に、Gianinniのお兄さんからのコメントもあって。それらを見ていたら、涙が流れ始めて止まらない止まらない。
ホントにね。再度言いますが、嬉しさでこんなに泣けるんだって思いました。
たぶん、Gianinniが日本国外で初めて、あたしのイラストを認めてくれた人になります。
ホントにね、世界をお股にかけている人にね、認められるなんて光栄としか言いようがありませんよね。
それに、こうしてInstagram、TwitterFacebookで紹介されて、あたしが自分のサイト他でイラストをUPしても、こんな多くの人に見て知ってもらえるコトなんてない。それこそ本当に数百人もの人達に見て貰えたコトも、本当に嬉しく有難い。感謝しかありません。
今回、本当に驚いてパニックも起こしましたケド、この経験はあたしにとって宝物なのだと思ってます。
どうしてもね、お礼の一言を伝えたくなりましてね、予想通りGianinniからのメール返信は来てなかったんですが、図々しくも、もう1度メールしましたよw
そしたら、今度はお返事頂きました♪ ものすごくあっさりさっぱりとしたモノでしたケドねw
とゆーコトで、今回のGianinni騒動w これにて幕引きとなりました。
5月に日本で公演されるマイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールドツアー、ものすごく行きたいんですが・・・行ける気しません! そもそもチケット取れる気がしない(^^; でもその前に! まずは仕事終わらせなきゃなー・・・がむばります!!
そして最後に。Thank you. Thank you so much! Gianinni!!