北山紫仙の落し物。

Illustrator 北山紫仙のブログです。

Standard style にイラスト1点UPしました!

秋田にもよーやく櫻の季節到来! だケド、あたし今年はお花見に行けるのかしら~? とビミョーなカンジの北山です(´・ω・`)
Bonjour!(・∀・)ノ
 
さて、珍しくサクッと本題に入りましょうw
サイトのStandard style に、イラスト1点UPしましたー!
あたし、自分が描いた絵についてどーこー言うのは好きじゃないんですケドね。口や文字で説明ってのは必要のないコトだと思ってるので。
でも、今回はちこっと思うトコロありってコトで、ちょいとお話させて貰いたいなと。
 
最近はニュースにも話題にもあまり上らなったケド、アメリカで白人警察官さんが罪のない黒人少年くんを殺害もしくはケガを負わせてしまうという、人種差別の問題が世界を駆け巡りましたよね。
あのニュースね、あたしにとってはヒジョーに憤りを感じるモノだったのですよ。
生まれも育ちもドド田舎で、人種差別ナニソレ美味しいモノ?ってくらいに経験もなければ遠い世界のコトだったんですが、2年前にアメリカのオクラホマの方からイラストのご依頼があったんですが(成立がヒジョーにビミョーになってるケドね!(^^;)。
・・・とりあえず、ネーミングセンスがビミョー過ぎるのはわかってるケド、仮にオクラホマさんとしませうw
このオクラホマさん、HIP HOPダンサーさんで、アメリカ各地でワークショップも行っているよーなんですが、ご依頼のあったすぐ後くらいにテキサスで、警察官に乗車していた車から引き摺り下ろされ車に押し付けられ、後ろ手に手錠をはめられるとゆーコトがあったんです。
理由は、白人女児と一緒にいたからというダケ。
ちなみに、この白人女児(当時14歳くらいだったハズ)は、オクラホマさんのワークショップに遠方からの参加で、ご両親からもよろしくとお願いされていたらしいんですね。
で、これもですね、警察官は白人さんで、オクラホマさんは黒人さんだったワケです。
この時は、アタリマエの感覚で差別されるという事実にショックを受けると共に、『人種差別って想像以上に根深いモノなんだな・・・』と思ったくらいだったんですケドね。
それでも、このオクラホマさんの事件は、あたしには一気に人種差別問題が身近に感じるよーになった出来事だったんですね。
でも、それがまさか簡単に命奪われるレベルだとはねぇ・・・。
肌の色が違う程度で命が奪われるなんて、あたしには考えられない。
それが、仮にも警察官が一般市民を・・・ねぇ?
銃社会怖いっても思ったケドね。
・・・ってコトもあり、ヒジョーに憤りを感じるコトでもあったんですが、白人さんだからってみんながみんな黒人さんを差別しているワケではないし、黒人さんもみんながみんな白人さんを恨んでるワケでもない。
ドコの国の人だろーと関係なく、良い関係を結べている人達もいるし、白人さんと黒人さんでケコーン(結婚)している人達だっている。日本にだって、他の国の人とケコーンしてる人いるじゃんねぇ?
そんなのを混ぜ混ぜこねこねしたら、なんだか自分的には恥ずかちぃ!!(*ノДノ)ってゆーのが出来上がりましたぁよww
ちなみに、『肌の色とか関係ないやん!』って常々思ってるのもあって、そこら辺もごちゃ混ぜにしたら、人種関係ないキャラクターになったのはご満悦ww
 
一言で言ったら、『人種もそうだケド、ゲイに対するモノとかさ、差別自体がなくなったら良いよねぇ』ってゆー思いを詰め込んだ1枚だったりするのですすす・・・あぁもー。なんか自分で言ってて恥ずかしくなって来たぞw
なので、さっさと逃亡したいと思いますww
 
またお会いしましょう! see ya!!(=°ω°)ノ